頸椎椎弓形成術とは、頸髄症・頸椎椎間板ヘルニアなどに罹患し脊髄症状・神経根症状を発症した場合に行う 手術方法の一つです。頸椎を後方から展開し、狭小化した脊柱管を拡大するために椎弓を様々な方法で形成す る手術であります。当院では、椎弓を正中部分で縦割し左右に拡げ、その空隙に人工骨を設置する棘突起縦割 式脊柱管拡大術を主に行っています。


手術後のX線画像

ページの先頭へ