[症状]


腰椎で神経が圧迫されて腰や足の痛み・しびれが出ている場合、大抵は神経の圧迫を取り除く(除圧)手術になります。しかし腰椎の間で異常な動きがある場合やヘルニアを繰り返す場合には腰椎の動きをとめてしまう(固 定)必要が出てきます。その代表的な方法が腰椎後方椎体間固定術(PLIF:プリフと呼んでいます)です。


[手術方法]


手術は、最初に神経周囲の圧迫を取ってから、椎間板を取り去り、そこに腰椎の支柱のようなもの(ケージ)を挿 入します。ケージの中とその周りに自分の骨を細かくして詰め込みます(骨移植)。次に、金属のスクリューをねじ 込んで、それを金属棒(ロッド)でつなぎます。


[X線画像]


下の写真は、腰椎のぐらつき(不安定性)があるために腰部で神経が押されて、腰と足の痛みが出た「第4腰椎 変性すべり症」です。

時間が経つと腰椎間は固まって(骨癒合)動かなくなります。


[手術後の経過]


通常は、手術の翌日からコルセットをした状態で歩行訓練に入ります。数日後からはシャワー浴が可能になりま す。3週程度で退院は許可されますが、すぐに元の生活に戻れるわけではありません。事務仕事は手術後1か 月、軽作業なら2か月、腰に負担の多い仕事は3か月ほどで許可されます。ただし、骨粗鬆症の人はスクリュー の利きが悪いこともあります。手術前の痛みやしびれ、筋力低下が強かった人など、皆が一緒ではありませんの で担当医の指示に従っていただく必要があります。

ページの先頭へ